質屋ってどんなところ?

質屋っていうのは今の若い人には聞き慣れない言葉かもしれませんね。

質屋というのは、質店や質舗などとも呼ばれ、お金を借りたい時に何らかの品物を質として預けて、定められた流質期限までにお金を返せなければ、質として預けた品物で弁済に充てるという条件で金銭を貸し付ける業者のことをいいます。

日本における質屋というのは古い歴史があり、その始まりは鎌倉時代だと言われています。

当時は庶民の強い味方ともいえ、利用している人も多くいました。

しかし、1970年代に入って、担保無し、保証人無しなどの消費者金融が出始めてからは次第に質屋は姿を消していきました。

今の日本の質屋というのは、以前の様な金銭の貸付事業も行ってはいますが、利用者の多くが価値のある貴金属やブランド品などを買取するというのが主になっています。

《おすすめリンク→→→質屋 池袋、渋谷と五反田 質入れと買取 創業大正9年 須賀質店

また買取した品物を再販売することも行っており、それぞれの地域では質屋組合で質流れ品として販売するイベントなどが行われています。

ニュースでも取り上げられるほど、こういったイベントは毎回盛況になっています。

このことから質屋を知り、若い人でもブランド品を持ち込んでかい取りをしてもらうなどしている人も徐々に増えています。

また、質屋の利用として、金銭を借りず金利のみを支払い、骨董品や美術品などを倉庫代わりに預けるという人もいます。

質屋では質預けにされた品物を管理する義務があるので、こういった利用方法も有りということです。